調剤薬局の薬剤師のお仕事

医薬分業が調剤薬局、医療機関、患者にもたらすメリットとは?

医療機関は患者さんの診察に専念し、薬の調剤・薬歴管理・説明など薬に関する一切の業務は薬局が担うという「医薬分業」の普及は、医療機関、調剤薬局、患者さんのそれぞれの立場で見るとどのようなメリットをもたらすのでしょうか?

問診を元に診察する医師

医療機関で医師の診察を受けた患者さんの多くは、治療の一環として薬が必要となります。その患者さんに合わせた薬の種類や量を記載したのが「処方箋」です。会計の際に処方せんを受け取った患者さんは、医療機関の近く、もしくは自宅近くの薬局に処方箋を持参します。

そして、薬剤師が処方箋の内容に合わせて指定された薬を調合するのです。調剤薬局の薬剤師は、薬を手渡す際に処方内容に間違いがないかの確認作業をしたうえで、薬の効能・効果、正しい服用方法だけでなく、稀に現れる副作用についても説明をすることが義務付けられています。

医薬分業の最大の目的は、医師が患者さんの診察という本来の業務にのみ集中することで、質の高い、そして安全な医療サービスを提供できるようにするためです。薬に関する一切の業務は調剤薬局が担当することで、調剤薬局は薬歴簿を利用して患者さんの薬歴を一元管理することができ、医療機関の負担軽減につながります。

医薬分業が導入される以前の医療機関では、待合室に患者さんが並んでいる状況のなか、医師は慌ただしく薬の説明をしていることが少なくありませんでした。患者さんが薬について質問したいことがあっても憚られる雰囲気があり、「病院は混雑していて、医者は不愛想」という患者満足度の低下原因の一つとなっていたのです。

医薬分業が導入された場合、患者さんは、処方箋を持参した調剤薬局の薬剤師に副作用などの質問を時間的に余裕をもってできるため、安心して薬を服用することができるようになります。

また高齢者の場合、糖尿病・高血圧、関節リウマチ、骨粗鬆症などの持病が複数あるために2つ以上の病院に通院して、多くの薬を処方されているケースがあります。個々の薬剤は患者さんに合っていても、他の薬と効果が重複したり、飲み合わせで危険な副作用が起きるというリスクも存在します。

このような時でも医薬分業が導入されていれば、かかりつけの調剤薬局で患者さんの薬歴簿で管理されているために、飲み合わせ等による薬害を未然に防いだり、重複した処方を防止することで、財政逼迫の原因となっている医療費の増大に歯止めをかけることも期待されています。

上記のように医療分業によって患者さんは安心して質の高い医療を受けることが可能になり、医師は診療や治療に集中することができ、薬剤師は処方薬の調剤・管理を行い、処方箋に疑問がある場合は医師に対して疑義照会を行いますので、それぞれのプロセスでミスが起こりにくいシステムになっています。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2016 調剤薬局の薬剤師のお仕事 All Rights Reserved.