調剤薬局の薬剤師のお仕事

調剤薬局の業務(処方箋のチェック・調剤・服薬指導)

調剤薬局の薬剤師の業務は、医師の処方箋に従って薬を調剤し、正しい用量・服用方法、副作用などを患者さんに説明をして、渡すことです。調剤薬局は、薬歴管理や服薬指導などを担当し、医療機関は病気の検査、治療に専念するという「医薬分業」を徹底することで、医療の質を向上させ、より安全な医療を提供できるようになります。

調合ミスは禁物

調剤薬局では、まず患者さんが持参した処方箋に不明な点や不備がないかを確認します。以前来た患者さんの場合は、お薬手帳を預かります。はじめての患者さんには、安全に薬を使用してもらう目的のために、現在服用している薬、アレルギーの有無、家族歴などを記した質問票に記入してもらいます。

薬剤師が処方箋の内容に疑問を持った場合には、処方箋を出した医療機関に問い合わせを行います(疑義照会)。医師に疑義照会を行うことに気後れを感じたり、また医師が露骨に疑義照会を嫌がることもありますが、患者さんのために行う業務にそういった観念を持ち込むのはどちらもNGです。

調剤薬局は、その質問票の内容を元に薬歴簿を作成し、患者さんが再び来た時には薬歴を確認して、その時の処方箋に変化などがあれば、内容を確認しながら調剤を行います。処方箋の内容に問題がないと確認できれば、錠剤や散剤や水剤などを調合していきます。同じ薬でも高齢者で飲み込みにくい場合には、少量ずつ袋分けしたりすることもできます。

調剤を終えたら、分包機という機械で薬を自動的に1包ずつ分けていきます。処方箋の内容と照らし合わせて間違いがないかを確認したら、患者さんに薬の効能・効果、服用上の注意点を説明します。高齢の患者さんで付添いの家族がいる場合には、付添い人にも説明を行います。お薬手帳を預かっている場合は、今回の薬の内容を記したシールを手帳に張って返します。


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2016 調剤薬局の薬剤師のお仕事 All Rights Reserved.